dynamips 「Cisco 7200 Simulator」

. シスコ 7200 シミュレータの解説をしています。 初めての方は最下部よりお読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

clock divisorオプション

(注:7/22日リリースの「0.2.5 Release Candidate 1 (RC1)」にてこの問題は解決されました。デフォルト「clock divisor値」においても実時間とのズレはありません。)
idle-pcオプションを使用するとルータ内での時間の流れが現実と比べて遅くなってしまいます。キーボードの入力がなかなか反映されなかったりするのもそのためです。そのイライラする時間のズレを修正するのがclock divisorオプションです。構文は以下のとおりです。


[[7200]]
clock = value



デフォルトではvalue=4となっていますが、idle-pcを使用する際には、value=40前後とするのが一般的なようです。実際に私の環境でもvalue=42で実時間と同じくらいになりました。
ルータ内での時間の進み具合は「show clock」コマンドで確認できますので、実時間と近くなる値を探してみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2006/07/22(土) 04:13:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮想frame-relayスイッチ | ホーム | 仮想Ethernetスイッチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7200sim.blog57.fc2.com/tb.php/9-a4a4c30a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

7200sim

Author:7200sim
ルータ初心者によるシミュの解説をしています。
リンクフリーです。

アクセスカウンター

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。