dynamips 「Cisco 7200 Simulator」

. シスコ 7200 シミュレータの解説をしています。 初めての方は最下部よりお読みください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

拡張モジュールのお話

Dynagenを使ってdynamipsのトポロジを書いているとあまり気になりませんが、ルータのシリアル接続やATM接続は拡張モジュールによって提供されています。Cisco7206VXRには最大6個の拡張モジュールを装着できます。現在利用できるモジュールと簡単な説明をしていきましょう。

(a)slot0にのみ装着可能なもの
C7200-IO-FE・・・FastEthernet×1

(b)slot1~6の任意のスロットに装着可能なもの
PA-FE-TX・・・・ FastEthernet×1
PA-4E・・・・・・Ethernet×4
PA-8E・・・・・・Ethernet×8
PA-4T+・・・・・ Serial×4
PA-8T・・・・・・Serial×8
PA-A1・・・・・・ATM×1

これらの拡張モジュールは「slot slotnumber = Modulename」構文でルータのスロットに実装できます。
slotnumberには0~6の値を、Modulenameには上で説明したモジュールの名前を書き込みます。例によってサンプルコンフィグで説明して行きましょう。


[[ROUTER R1]]
slot0 = PA-C7200-IO-FE
slot1 = PA-FE-TX
#(slot1に拡張モジュールPA-FE-TXを装着)
slot3 = PA-8T
slot6 = PA-A1



「show diag」コマンドで確認してみると、うまく認識さているのがわかります。
g1

スポンサーサイト
  1. 2006/07/22(土) 22:23:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<Dynagui 「dynamips GUI化ツール」 | ホーム | dynamips 0.2.5 Release Candidate 1 (RC1) がリリースされました>>

コメント

秘書能力検定

秘書能力検定とは、一般常識からビジネスの基礎知識、マナー、接遇など秘書に必要とされる知識・スキルを総合的に判定する検定試験 http://dago.stepuptechnologies.com/
  1. URL |
  2. 2008/08/27(水) 03:24:20 |
  3. #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://7200sim.blog57.fc2.com/tb.php/14-2b45ff46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

7200sim

Author:7200sim
ルータ初心者によるシミュの解説をしています。
リンクフリーです。

アクセスカウンター

最近の記事

月別アーカイブ

ブログ内検索

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。